犬の予防注射について

 

 

犬の飼い方には色々と

注意すべきポイントがあります。

予防注射も、その中のひとつです。

 


犬のワクチンは9種類あります。

ジフテリアなどが含まれている

5種類はとても重要で、

コアワクチンと呼ばれています。

 

しかし、当然ですが、ワクチンには

副作用のリスクが伴います。

 

そのため、体力のない子犬に

予防注射をする時は、注意が必要になってきます。

 


病原体の感染は、ペットショップのショーケースや

流通ルートなどがほとんどです。

 

そのため、ペットショップで購入した場合は、

9種混合ワクチンの予防注射

受けさせた方がよいでしょう。

 

 

しかし、管理されているブリーダーから

直接購入した場合は、

5種混合ワクチンの予防注射

とどめる場合が多くなります。

 

 

もちろん、どちらの場合も、

病気にかかるリスクと、副作用のリスクをあわせて、

しっかりと考えなければいけませんし、

 

ペットショップ、ブリーダーの

管理状況によっても異なってきます。

 

 

 

予防接種は1年に1回受けましょう

 

 

また、予防注射は1年に1回、

受けさせるほうが良いです。

 

ワクチンの効果が切れてしまうためです。

 

 

子犬の場合は日数をおいた上で3回、

予防注射をするという場合が一般的になっています。

このように、犬の飼い方において、

予防注射はとても大切なことです。

 

 

Page 4 of 11« First...«23456»10...Last »