Category Archives: ボディケア

30歳を過ぎたら「黄ぐすみ」に気を付けましょう

お肌のくすみは年齢を問わず生じる問題ですが、30歳を超えたころから目立ってくるのが「黄くすみ」です。
一般的にくすみというと、血行不良によって顔色がわるくなり、透明感を失ってしまう状態を指します。
しかし、それに対して黄くすみは、顔全体がうっすらと紗を刷いたように黄色に見える状態を指します。

この黄くすみは、通常のくすみと異なりフェイスマッサージをしたり、ツボ押しなどをして血行促進を促しても、なかなか解消しない厄介なものです。
一般的なくすみと黄くすみは、原因も対処法も全く別のものなのです。

黄くすみの原因は、加齢による真皮層の変色だと言われています。
年齢を重ねると、肌の最深部にある真皮層が徐々に濃い黄色に変化していくことがあります。
この肌の奥で起こっている変化が、肌表面にあらわれるのが黄くすみという訳です。
では、なぜ加齢によって真皮層が変色するのでしょう。
現在の研究では、その変色の原因は「カルボニル化」だと考えられています。

このカルボニル化は、分解された脂質と真皮層のたんぱく質が結合して変性することを指します。
たんぱく質は元々白色に近いものですが、カルボニル化することで黄色へ変色していきます。
これが、肌が黄色にくすむ原因となっているのです。

このカルボニル化を防ぐために気を付けたいのが「紫外線対策」「皮脂対策」「抗酸化対策」です。
紫外線や過剰な皮脂、酸性に傾いた体質は、いずれもカルボニル化を促進する要因となるものです。
これらの原因に対する対策を行うことで、黄くすみの解消と予防ができるはずですよ。