食べさせてはいけない 犬にとって危険な食べ物

自分の愛犬が

食べ物をおねだりしてくると、

可愛くてついつい何でも

あげたくなってしまうものです。

 

 

人間の食べ物のほとんどは

塩や砂糖などで

味付けされているものばかりで、

水分をあまり摂らない犬は

尿から塩分を排出できなくなったり、

肥満の原因にも繋がってしまうので

注意してあげるのが正しい犬の飼い方です。

 

 

 

ネギやタマネギは絶対に与えてはダメ!

 

犬にとって危険な食べ物は、

ネギ類、たまねぎ、ワケギ、

ニラ、ラッキョウ、アサツキです。

 

これらにはアリルプロピールジサルファイドという

物質が含まれており、

食べてしまうと赤血球を破壊して、

ふらつきや嘔吐、食欲不振、下

痢、血尿、貧血などを

引き起こしてしまいます。

 

特に小型犬の場合はからだが小さいので、

少量でも与えてしまうと

死に至るケースもあります。

 

 

 

 

チョコレートやココアも要注意!

 

次にチョコレートやココアなどは

テオブロミンという物質が

心臓や中枢神経を刺激してしまうので、

痙攣を起こしたり

急性心不全を起こします。

 

 

また、刺激が強い香辛料や

トウガラシ、コショウ、マスタードなど

感覚を麻痺させてしまい、

胃腸を壊してしまう恐れがあります。

 

 

 

このような食べ物は私達人間が

食べることができても、

愛犬には毒になりますので

正しく犬のエサを選び与えるなど

正しい犬の飼い方を理解して、

普段から注意していく必要があります。

 

 

 

 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>