犬を飼うときは保健所には届けたほうがいいの?

 

犬をはじめて飼う時に

覚えておきたいことがあります。

 

それは犬の飼い方です。

 

 

 

 

犬を飼うときは保健所登録をしましょう

 

 

生後91日以上の犬を飼う人は、

飼い犬を登録する決まりがあります。

 

この登録を保健所でしておくと、

保健所から毎年1回、

狂犬病予防注射のハガキが郵送されてきます。

 

 

もしも引越しをして所が変わった時や、

犬を他の人に譲るために

飼い主が変更する場合も

その変更手続が必要になります。

 

 

犬の飼い方を適切に行うことで、

大切な狂犬病予防注射の時期を

忘れないで済みます。

 

 

犬にとって、狂犬病は大敵な病気です。

 

この病気は感染する犬のみならず、

万が一噛み付かれた場合に

人にも大きな影響を与えてしまいますので、

 

犬を飼ったら狂犬病予防注射は

必ず行う必要がある義務といえます。

 

 

また、犬を飼うということは、

様々な費用がかかってきます。

 

 

 

 

フィラリアの予防接種も忘れずに

 

 

狂犬病以外にも犬が

かかりやすい病気がフィラリアです。

 

フィラリアは蚊に刺されることで

発症する病気で、感染すると

治ることがない病気です。

 

 

感染しないためには、

定期的に病院に行ったり、

市販の薬を飲ませる必要があります。

 

 

また、毎日食べる餌代やトリミングが

必要な犬種にはトリミング代がかかります。

自分がどのような

犬種を飼うかにもよって変わってきます。

 

 

 

 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>