赤ちゃんから犬を飼い始めるときに注意すべきこと

 

赤ちゃん犬はとてもかわいいですよね。

 

ペットとして犬を飼うなら、

小さな赤ちゃんのときから飼いたいと

多くの人が思うことでしょう。

 

しかし、赤ちゃん犬はまだ体力がないので、

飼い方を間違えると病気になってしまうこともあります。

 

赤ちゃん犬の飼い方として

どんなことを注意しなければならないのでしょう。

 

 

赤ちゃん犬の体調変化には気を付けましょう


赤ちゃん犬の飼い方で注意すべきことは、

まず体調の変化に気を付けることです。

 

ペットショップなどから

普通の家に連れて来られた赤ちゃん犬は、

やはり新しい環境にストレスを感じます。

 

ストレスを感じると、

免疫力が落ち下痢やおう吐することが多いです。

 

 

 

 

赤ちゃん犬にストレスは与えないように!

そこでできる限りストレスを

減らしてあげることが大切です。

 

 

特に、腸内を安定させておくために

食事を今まで食べてきたのと

同じようなものを食べさせてあげると良いでしょう。

 

ペットショップから購入したのなら、

そこで与えられていた食事と同じものを

食べさせてあげ、

 

だんだんと新しい環境に慣れてきたら

飼い主が良いと思う食事に

徐々に変えてあげると良いでしょう。

 

また食事の回数は、

生後3~4カ月の子犬の場合は、

一回の量を少なくして

4~5回に分けてあげます

 

長い時間にお腹が空く状態にしていると

低血糖を起こすことがあるので注意しましょう。

 

 

 

 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>