屋外で育てる犬の飼い方のコツ

 

最近は犬の飼い方として
室内で飼うケースが多く、

ペットショップなどのグッズも
室内飼い用のものが多くなってきていますが、

しかし、中型から大型の犬は
運動なども考えると

室外で犬を飼うメリットが大きい場合もあります。

庭がある家ならば
屋外で犬を育てることも考えてみましょう。

 

 

犬にとって危険なものを動かしておきましょう

犬を屋外で飼う場合、
気を付けていかなくてはならないことがあります。

屋外だからこその危険というものもあるからです。

まず、庭に危ないものがないかを
事前に確認しましょう。

見えるものだけとは限りません。

犬によっては、地中に埋まっているものも
掘り起こすことがあるからです。

食べると毒になる植物や球根などが
犬の行動範囲にないように
庭を整えておきましょう

 

 

犬小屋は大きめサイズがベター

犬が日差しや雨をよけることができる
犬小屋なども必要です。

犬小屋は、犬が中で動けるように
少し広いほうがよい
でしょう。

子犬のうちに購入すると
後で犬小屋が小さくなることがあります。

ですので、成犬になった時のことを想定して
犬小屋を準備していく
のが
犬の飼い方のコツです。

 

 

 

虫の被害にも気を付けましょう

屋外では虫などによる被害も考えられます

鉢などの危険な虫がそばにいないか、
常時確認しましょう。

最近はダニによる被害も多いです。
被害に遭っていないかどうか
まめに皮膚を確認する
とともに、

ノミやダニの予防薬を使うのも良い方法です。

 

 

 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>