室内で育てる犬の飼い方のコツ

 

犬好きの人にとって
犬は家族の一員でありパートナーです。

屋内での犬の飼い方には
様々な準備や注意点が必要
です。

 

 

 

 

犬を飼うなら、しっかり責任感を持ちましょう

 

まず犬と生活するためには
責任と目的意識を持たなければいけません

犬は生き物ですから
病気になったり迷惑をかけたりすることもありますが、

生きている限り
面倒をみる決意が必要です。

 

 

 

 

小型犬、ほえない犬種が屋内飼いにはベター

 

具体的な屋内での犬の飼い方としては、
近隣の迷惑にならないように
頻繁に吠えるタイプの犬は避けた方が良いですし、

大型犬よりも小型犬の方が向いています。

また家族全員で相談をして、
トイレの掃除や散歩や
食事の担当を決めることが大事です。

もちろん犬を飼うには費用もかかります。

バランスの良い食事・予防注射・
去勢・避妊手術・病気の際の治療費や入院費用など、

それなりの出費を計算しておくことが重要です。

 

 

 

しつけは子犬のころから始めましょう

 しつけは子犬の頃に始めますが、
犬によって性格が異なりますので
強く叱ることが良い場合もあれば
悪い場合もあります。

犬の性格を把握した
しつけを行うことが大事
です。

犬は群れのリーダーに従う習性がありますので、
人間がリーダーとなって
絶対服従の癖をつけることが重要です。

しかし愛情を注ぐ必要がある場面では、
しっかりと愛撫してあげることも大事なのです。

 

 

 

 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>