食べさせてはいけない 犬にとって危険な食べ物

自分の愛犬が

食べ物をおねだりしてくると、

可愛くてついつい何でも

あげたくなってしまうものです。

 

 

人間の食べ物のほとんどは

塩や砂糖などで

味付けされているものばかりで、

水分をあまり摂らない犬は

尿から塩分を排出できなくなったり、

肥満の原因にも繋がってしまうので

注意してあげるのが正しい犬の飼い方です。

 

 

 

ネギやタマネギは絶対に与えてはダメ!

 

犬にとって危険な食べ物は、

ネギ類、たまねぎ、ワケギ、

ニラ、ラッキョウ、アサツキです。

 

これらにはアリルプロピールジサルファイドという

物質が含まれており、

食べてしまうと赤血球を破壊して、

ふらつきや嘔吐、食欲不振、下

痢、血尿、貧血などを

引き起こしてしまいます。

 

特に小型犬の場合はからだが小さいので、

少量でも与えてしまうと

死に至るケースもあります。

 

 

 

 

チョコレートやココアも要注意!

 

次にチョコレートやココアなどは

テオブロミンという物質が

心臓や中枢神経を刺激してしまうので、

痙攣を起こしたり

急性心不全を起こします。

 

 

また、刺激が強い香辛料や

トウガラシ、コショウ、マスタードなど

感覚を麻痺させてしまい、

胃腸を壊してしまう恐れがあります。

 

 

 

このような食べ物は私達人間が

食べることができても、

愛犬には毒になりますので

正しく犬のエサを選び与えるなど

正しい犬の飼い方を理解して、

普段から注意していく必要があります。

 

 

 

 

This is a sticky post! continue reading?

年齢別 犬の食事の正しい与え方

 

年をとるにつれて肉体が成長し、

それ応じて食事の内容が変化するのは

人間も犬も変わりません。

 

食事というのはあらゆる生物にとって

非常に大事な要素であり、

何を、どのように食べさせるかを

理解しておくことは犬の飼い方を

学ぶ上で当然のことです。

 

 

 

生まれたばかりの犬の食事

 

まず、生まれたばかりの幼年期の犬は

まだまだ身体も未熟であり、

の時期でちゃんと栄養を摂取して

いるかどうかでしっかりと

成長できるかどうかが決まります。

 

生後すぐは母乳が主な栄養源ですが、

乳離れした後はできるだけ

栄養価の高いものを与える必要があります。

 

また、一度に多くの量を食べられないので

最初の内は日に3、4回に

分けて食べさせると良いでしょう。

 

 

 

成犬の食事

 

ある程度成長し成犬になると、

幼年期に比べて

多くのカロリーを必要としなくなります。

 

犬は年をとればとる程小食になっていくので、

徐々に食事の回数も減らしていきます。

量を調節すれば

朝夕2回、最終的には

日に1回でも満足していくのです。

 

 

 

 

老犬の食事

 

更に年をとり老齢になると、

段々食事量自体も減少します。

 

腸など内臓の働きも弱ってくるので、

胃にやさしいものを食べさせるよう

気配りを忘れてはいけません。

 

高カロリーかつ消化に良いものを

日に3、4回与えるとちゃんと完食できます。

 

 

以上のように、年齢によって

段階に分けた食生活を理解することが、

犬の飼い方で学ぶ初歩だと言えるでしょう。

 

 

 

Page 1 of 1112345»10...Last »